とうらぶではなーい。トーハク。

東京国立博物館。

三条、三日月宗近が飾られてるから。

もうミーハーだなぁ…

有休とって本日行ってきました。

6月から実は異動があって引き継ぎ色々ありまして平日はお休み取れそうもないので今のうちに。

イェイ!!(^^)v


DSC_1342


博物館の目の前でさつき展も開催してて見目麗しかったので撮影。

DSC_1340

DSC_1341
さつきも色々種類の豊富さに驚いたけどこういった品評会もあるんだねと。

菊の品評会くらいしか見たことなかったので…

で、博物館。

鳥獣戯画展も開催してたんですけど、なんと3時間待ちという人気ぶりで断念。

いやでも普通にみられる文化財でも私は十分楽しめまして…

1時間で見終わるかと思いきや、3時間近く居座ってたwwww

勿論ずっと刀見てたわけではナーイ。

他の展示物が面白すぎて一人うわぁぁーー!!ひょぉぉぉ!!と興奮しながら見ておりましたww

声には出してませんよ。館内はお静かに。が基本です。

三日月宗近の女子の集まりっぷりは影響すげえ…とか思います。自分もその一人だけどね。

でもそういったきっかけがなければ博物館に来なかったと思いますし、また新しい発見があってまた行きたいと思うくらいにはなったのでそのきっかけが重要だなとしみじみ感じました。

刀もすごかったですよ!!

というかここまで磨きあげて保存してる刀匠の顔が見てみたいと思いました…

キラッキラ…

これが噂の三日月宗近
DSC_1366

DSC_1367


DSC_1360

自分が思ってたほど太刀が太くなかったなって。

華奢で細い印象受けました。

というかね、勝手に思ったのが時代背景によって太刀、という太さが微妙に違うのかなって思った。

あとは製作者によってか…

あと脇差の堀川国広さんもおらっしゃった。
DSC_1386

DSC_1387

脇差ってもっと短いのかと思ってたがほぼ太刀と変わらん…

私は刀マニアではないからな、時代劇でさしてるのくらいしか見たことないからイメージと本物のギャップでへぇぇーーの連続な刀剣展示。

DSC_1378

こういう説明文ありがたい。大体鍔と柄、鞘しかわからんて。

DSC_1382

DSC_1380
展示で見てるとき全然気づかなかったけど、倶利伽羅って書いてあった…

ほかにも刀展示してありましたよ!

バシャバシャ撮ってたけどあまりにブログが写真だらけになりそうだから割愛。

でもね!!これだけは言える!

百聞は一見にしかず

だよ!!

写真でへぇーっていうよりも東京じゃなくても別の博物館があれば実際の実物を見て違いを見て楽しんでほしいと思った博物館めぐり!!

刀剣じゃなくても掛け軸、陶器、仏像…

見てるだけで、ありがたい気持ちになってきてた…

そしてこんな時代が本当に存在してんだなという証。

DSC_1403

DSC_1404
伊万里焼。有名ですね。

Xperiaのカメラだと朱色が映えてくれないのが難点…

ここは普通のデジカメで撮ったやつのほうがよかったか…

DSC_1408
実際に使われた甲冑、

甲冑て実はすごい造形美…!

この一本一本の紐が手作業だと思うと…!!

隣に修復した個所の見取り図がありました。

その見取り図の甲冑絵もきれいなんだな。

DSC_1413

DSC_1416
当時の東京を知る文化財

DSC_1423

薙刀。岩融にあらず。

けど結構刃先が長いのと先が広がってないのね…

全部が全部刃先が広がってるわけではないのか。

お隣は槍も展示されてました、撮りましたが反射で自分の影がめっちゃ映り込んでしまったので…

DSC_1432

DSC_1433

お土産屋見てたらトーハクのマスコットキャラクターである「トーハクくん」が異常に私の萌ツボを刺激してしまったせいで埴輪の寸胴美がかわいく見えてしまってだな…!!

穴三個だけで目と口を表現してだ、それと凹凸だけで男か女かで分かるようにするんだからすごいよね!!

シンプル伊豆ベストな人形なんですよ!!

まっすぐに何を見てるのかわからないお目目!

その口はびっくりしてあいた口がふさがらないのか、それとも何か言いたげにしてるのかどうなのか。

はたまた何か食べようとしてるのか…

妄想するのに実に奥深いシンプルさだ!


はー…言った、言った…


すごい必死。


ええ充実した博物館めぐりでした。